株式会社インサイト 障害者福祉(経営・工賃向上)、障害者雇用支援 障害者福祉(経営・工賃向上)、障害者雇用支援 会社概要お問合せ 
ホーム障がい福祉事業所コンサルティング障がい者雇用コンサルティング会社概要実績
ホーム > ミンナDEカオウヤ/ミンナDEツクロウヤ



プロジェクト終了のご報告

平素は「ミンナDEカオウヤ」「ミンナDEツクロウヤ」プロジェクトに
ご協力賜り、誠にありがとうございます。

皆様に支えて頂いた当プロジェクトですが、
平成26年3月末日でプロジェクトを終了いたしました。
当初来、被災地の障害福祉事業所で働く皆様の工賃(給与)の
一助になれば、との想いで、3年間継続して参りました。
作り手の皆様、買い手の皆様、店舗スタッフの皆様…。
もちろん皆様のご協力・お力添えがあったからこそ、
ここまで続けられたと思っております。

重ね重ねになりますが、皆様のご協力・ご厚意によって
ここまで来られたことに心から感謝致します。
本当にありがとうございました。

「ミンナDEカオウヤ」プロジェクト
運営責任者 関原深

プロジェクトの概要
カオウヤプロジェクトとは

「障害者福祉事業所を起点とした復興」

東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
私たちは、障害のある方々、またそれを支える親族・支援者を支える仕事をしています。このような未曾有の状況になった今こそ、現地のニーズを良く聴きながら皆様を支えたいと考えています。
被災地では、地域によって、また時期によって困りごとが異なります。全てに対して一気に解決はできないのですが、着実にひとつずつニーズにお応えして行きたい、と思います。

「授産品の市場が流されてしまった…」 「仕事が流されてしまった… 」

 津波被害は多くのものを飲み込んで行きました。障害者福祉分野においても同様、多くのものが流されてしまいました。
・ 授産品の市場が流れてしまった…:商品作りはできるが、販路が流されてしまった
・ 仕事が流れてしまった…:日中の活動拠点や仕入先が流され、仕事ができなくなってしまった

 そこで、「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトでは、
1.市場を創る:市場が流された被災地の障害者福祉施設の授産品を都市部で販売する
2.仕事を創る:1の活動に伴い発生する、現地での状況確認・授産品等商品回収等の新たな仕事を、拠点が流れた施設等に実施してもらう
ことを活動の第一義とし、この活動・ネットワークが活用できるのであれば、
3.近隣の方々やご本人・支援者の親族の方々のニーズにも広く対応して行く被災地支援活動を行います。

「ミンナDEカオウヤ」プロジェクト説明資料ダウンロード(PDFファイル:1.0MB)

ツクロウヤプロジェクトとは

■被災地の障がい者の現状
様々な支援により安定したかに見えますが、被災地では、障がい者等のマイノリティにはいまだに不安定な生活を送っている人も多いのが現状です。
■果たして支援だけで良いのか
被災地の障がい者が一方的に支援される構造だけでは限界があり、被災地と被災地以外が、お互いにお役にたつ関係が必要になっています。

「企業やNPOなどの団体が東北の障がい者に仕事を発注するプロジェクトを数多く作り出すことで、3つの目的を実現」

1.仕事を通じて"ありがとう"でつながるパートナーの関係を構築する
被災地の障がいを持った方々と全国の志ある企業とは『支援する/される』関係を越え、仕事でつながる『パートナー』の関係へ。

2.支援"される"側から、支援"する"側への転換
企業と障がい者の方々がなくてはならない相手として、本気で向き合い続ける。
日本全国で協働事例を多く生み出し、『支援される東北』から『支援する東北』の実現を目指す。

3.自立した生活、そして働く喜びと誇りを取り戻す
減少してしまった収入を自立可能なレベルまで引き上げる。

プロジェクトの実績
カオウヤの実績
ツクロウヤの実績
今後のご連絡先について

商品についてのご注文やお問い合わせ等は各事業所へ直接ご連絡ください。
事業所一覧(PDFファイル:206KB)
商品カタログ - 食品(PDFファイル:1.6MB)
商品カタログ - 雑貨(PDFファイル:1.6MB)

宮城県内の事業所については「みやぎセルプ共同受注センター」様でも
随時ご相談を受け付けてくださいます。
TEL 022-399-6299 Web http://www.miyagi-selp.org



社会起業家、CSR調査、障害者福祉(授産)|株式会社インサイト