障害者雇用のポイント

なぜ障害者雇用なのか? | 価値のある障害者雇用とは? |
上手くいく障害者雇用と上手くいかない障害者雇用の違い | 上手くいく障害者雇用を実現するために必要な事 |
なぜ障害者雇用なのか?
障害者雇用を考える「きっかけ」と、障害者雇用の「価値」は異なる
会社の経営にとって価値のある障害者雇用が重要
会社の経営にとって、価値のある障害者雇用を目指そう!
ホーム ページトップ
価値のある障害者雇用とは?
少子高齢化、労働力不足時代の人材確保
少子高齢化が進む中で、障害者を能力に応じて戦力化することが、人材確保につながる
業務の標準化・効率化
障害者の方が働きやすい職場にする取組が一般の社員の方にも働きやすい職場作りにもつながる
社内コミュニケーション
障害者の方を受け入れて一緒に仕事を行う事で、社内のコミュニケーションが活性化する
障害者=お客様
障害者744万人×2.57人/世帯=1,912万人の一大マーケット(お客様)として考えられる。
社会的責任に対する顧客の評価
社会的責任・CSRといった言葉の一般化し、お客様が、企業の障害者雇用への取組姿勢を評価する時代に
経営戦略としての位置づけも可能
障害者雇用や、関連した取り組みを会社の経営戦略として位置づける企業も。
ホーム ページトップ
上手くいく障害者雇用と上手くいかない障害者雇用の違い
上手くいく障害者雇用を実現するためには、以下の点に留意する必要がある。
ホーム ページトップ
上手くいく障害者雇用を実現するために必要な事
具体的な進め方の詳細はこちらをご覧ください。 → 詳しくはこちら
ホーム ページトップ
  • INSIGHT I'm always here for you.
  • 発達障害学生の就労支援 en+courage
  • 発達障がいのある学生向けのインターンシッププログラム
  • Facebook
  • 障害者雇用マニュアルシート

サイトマッププライバシーポリシー